2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近のコメント

Archive for the ‘テクニカルガイド’ Category

星空のような輝き!スタードリーム

みなさんこんにちは、制作の増田です

本日7月7日は七夕ですね

皆様はどんな夢や願い事を星空にいる彦星様と織姫様にお願いしましたか?

私は今考え中です

 

さてさて、”星”と”夢”といえばこんな素材がございます!ジャジャン!

その名も、スタードリーム

 

まさに星の輝きのようにキラキラ輝くファインペーパーです。

この素材は、メタリックパール加工が両面に施されており15種類ものエレガントなカラーバリエーションが魅力です!

色分けの名前が「クリスタル」「ルビー」「エメラルド」「ナイトブルー」など、名前のつけ方もまたエレガントで素敵な一品です

高級感あふれるこの素材、88kgの薄めのものと、209kgの厚めの2種類ずつあるのでパッケージにもカードにも包み紙や便箋などにもおすすめです。

 

こちらの素材を使った弊社の制作事例としては…

浪速鉄工様の魔法の耳かきパッケージ

サンユー様の靴べら用パッケージなどがあります。

 

エレガントで高級感あふれるパッケージをお考えの方はサカエマークまでお気軽にお問い合わせください。

 

 

それではまた!

ひばり結びと玉結び

みなさんこんにちは!

今日はタグのひもの結び方について。

まずは下の画像をご覧ください。

IMG_5489

右のタグと左のタグ、違いがわかりますか?(白背景に白いタグでスミマセン…)

…一目瞭然ですね。

ひもの結び方がちがってますね。

ではもう少し拡大して見てみましょう。

IMG_5490

こちらは普通の結び方で「玉結び」と言います。

IMG_5493

こちらは穴に通す前に輪を作り、それをくぐらせて付ける「ひばり結び」と言います。

通常のタグは「玉結び」で仕上げますが、指定があった場合には「ひばり結び」で仕上げます。ひばり結びはアパレル関係のタグに多いかもしれませんね。

なお、ひばり結びの方は玉結びより手間がかかるので料金が少しあがります。ゴムの場合も同じです。

ゴム・ひも有りでタグをご注文する際には指定をお忘れなく!

 

低温時のシール施工

みなさんこんにちは!

たまにお客様からこんなご意見をいただきます。

「車に貼ったステッカーが次の日に剥がれてしまったじゃないかっヽ(`Д´)ノ」

このクレームはいつも決まった時期にいただきます。

そう、まさに今の寒い時期なんです。(11月下旬〜3月初旬くらい)

実はシールというのは温度が低いと糊面が硬化して、粘着率が極端に下がってしまうのです。

気温が低い状態で施工すると、どんなにキレイに貼れても時間が経つとぺろ〜ん…と剥がれてしまうなんてことは決して珍しくありません。

じゃあどうすればいいか?

春まで待つ。

なるほど。間違いありません。

しかしそんなに待ってられないという方は、被着体をドライヤーなどで温めてから貼ってみてください。

シールもドライヤーで温めたいところですが、エンビ素材などは熱を帯びるとフニャフニャになってしまうので、しばらく温かい室内(20度以上)に置いてから貼ってみましょう。

気温が10度以下の場合はこの方法をお勧めします。

これは車のステッカーに限らずたいていのものに言えますので覚えておいて下さいねっ。

 

シール・ステッカーのご注文は…

ぺたんこ倶楽部まで!

自立型POP

みなさんこんにちは!

今日は自立型POPをご紹介します。

ここでいう自立型というのは「紙脚を使わない」スタンドPOPのことになります。

7ddca516a441f67958adc89fbe4a5b5a

通常スタンドPOPは背面にこのような紙脚というものを両面テープで取り付けます。

これを付ける事により立てたまま置いておくことができます。

しかし、実はこの紙脚をつけないで立たせる方法もあるのです。

それがこちら。

375fb380ac71b59eed10b7b50d86b060

これは弊社のテンプレートの中にある自立型POPの事例写真ですが、1枚の紙を組み立てて自立しています。

この方法なら紙脚を使わずに立てる事ができますね。

ちなみに展開図はこのようになります。

ddd28b129a03b8e82286402cc6208c62_l

両サイドに飛び出ているところを差し込み口にさしてL字型に立つんですね。

サンプルはいっぱいありますのでお気軽にお問い合わせください♪

かっこいい箔

みなさんこんにちは。

今日は箔押しについて。

418088c6dd090eaed015375f61526078_l

箔押しについてはこのブログでも何度もご紹介しましたね? …ね?

…そんなもん忘れたよという方におさらいを。

 

金刷と金箔のちがい

 

とても分かりやすい説明でしたね。

さて、この箔の色の種類にはたくさんあり…

写真-33

実は金色だけでもこんなに種類があるんです

そして金以外にも…

写真-25

こんなにカラフル!

その中で、当社にレインボー箔の実績があったのでご紹介します。

写真 1

これです!

残念ながらお客様の都合上、全部はお見せ出来ないのですがこのインパクト!

とてもきれいですね〜

続いてはコチラ。

写真

社名部分をブルーのホログラムの箔押しをした特別仕様の名刺です。(社長専用)

こちらも色んな青色がキラキラ光ってとてもきれいです。

このように箔ってインパクトを与えるにはもってこいなんです!

ちょっとの面積でもこの威力。

デザインに何か足りないな〜と思ったらちょっとプラスしてみてください。

 

紙の目の話

みなさんこんにちは。

今日は紙の目についてお話しします。

紙には目というものがあります。

これは繊維の流れのことで、紙に対して一定方向に走っています。
me

方向は縦と横の2種類があり、それぞれタテ目、ヨコ目と呼んでいます。(まんまですね。)

紙の目の方向は二つに折ってみるとよくわかります。

写真 1

このように目に沿って折るとにきれいに折れますが…

写真 2

目に逆らって折るとこのように汚い折れ方になります。

また、紙を破ってみてもわかります。

目に沿って破ればほぼ真っ直ぐにやぶれますが、逆らって破ると斜めに破れたりします。

我が社には加工部門がありますが、折り加工やスジ押し加工をする場合、この紙の目を間違うときれいに仕上げる事が出来ず、大変なことになります。

なので印刷に入る前に加工のことを考えて、面付けや紙の注文をする必要があります。

ちなみに本の場合はこのように走っています。

me2

もし目を逆にしてしまうと紙がびょーんと立ってしまい、開いたままにしておくことができません。パラパラと勝手にページがめくれてパタンと閉じてしまいます。(紙の厚さや製本方法によりこの限りではありませんが。)

みなさんの身の周りの印刷物で、これちゃんと紙の目合ってるのかなぁ?と疑問に思ったら折ったり破ったりしてみてください

くじシール(両面シール)

みなさんこんにちは!

今日は制作事例です。

写真

お菓子に貼って、シールをめくると文字が書いてあるくじ引きシールです。

誰でも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

このシールは糊面にも印刷がしてあるのですが、どうやって印刷するのでしょうか?

実は糊面にそのまま印刷することはできないのです。

ちなみにこのシールを作る場合は…

まず裏面がグレーのシール(ミラーコート訂正用)に赤1色で「戒」の文字を印刷をします。

訂正用にしたのは裏面が透けては困るから。(くじですからね

続いて今度は透明PETに文字を反転させて印刷します。

matsu

こんな感じ。

そしてその上に白インクを2度刷りします。

それを先程のミラーコート訂正用のシールと貼り合わせれば完成!

5555

白を2回刷ったのは貼り合わせた時にミラーコート訂正用の裏面のグレー色を隠すためです。

…なんかヘタな説明ですみません

意味わかったでしょうか?

他にもやり方はありますが、両面印刷のシールというのは基本貼り合わせです。

要は手間がかかってるってことですね(笑

よくわかんねーぞ!という方やサンプルご希望の方はお問い合わせよりお気軽にどうぞ〜!

http://petanko-club.com/

UVインクと溶剤インク

みなさんこんにちは!

販促の山本です。

今日はインクジェットプリンター用インクの性質の違いについて。

弊社にはJV3という溶剤系のインクを使うプリンターと、新しく導入したUJV160というUVインクを使うプリンターの2機種があります。

UVインクのメリットと言えばまず速乾性。

専用のインクを使い、紫外線を照射することによりインクがすぐに硬化します。

印刷終了とともにすぐに次の加工へ回すことができます。

そしてもう一つのメリットが材料を選ばないということ。

以前にも紹介しましたが、あらゆる材質に印字することができます。(あ、出来ないものもあるので要テストが条件です

そんないい事尽くめのようなUVインクですが、ひとつだけ弱点が。

それがこれ。

写真

分かりますか?

実はよく見ると印字した部分が少しだけ盛り上がっているのです。

盛り上がるとどう不具合があるか?

ラミネートができないのです。

いや、できなくはないのですが盛り上がった部分とフラットな部分に隙間ができ、空気が入ってしまって見た目が悪い

ですからあまりオススメできません。

ではラミネートをしたい場合はどうするか?

JV3の溶剤インクです。

こちらは印字した部分もフラットな仕上がりなのでラミネートがきれいに貼ることができます。空気はどこにも入りません

ですから屋外で仕様するステッカーなどはこちらが適しています。

ただし溶剤インクはUVインクと違って速乾性がない、材質も専用のものしか印字できない、というデメリットもあります。

というわけでJV3とUJV160はどちらも一長一短という感じですが、用途に合わせて使い分けているのです!

んな内部的な話、知らねーよという声も聞こえてきそうですが、もし興味がある方は工場見学にいらして下さいね〜

シースルーフィルムも変形カットが可能です。

みなさんこんにちは!

販促の山本です。

今日はシースルーフィルムについて。

いままでシースルーフィルムは四角仕上げでしか提供できなかったのですが、

変形にも対応できるようになりました

というのも特殊な素材のため、専用のトンボをつけてもロールプロッターではカットができませんでした。

そこでKongsbergの登場です!

Kongsbergでカットする場合は数カ所の●印を認識してカットするので、カンタンに読み込みが可能。

そして刃もゴツイのでデコボコしたシースルーもスパッと切っちゃいます。

プリオン君もこの通り!

写真

そしてシースルーがカットできるということは

車のウィンドウに合わせてカットも可能

ということなのです!!

これは大きな進歩ですね〜!!

もちろん普通の窓でも変形なものがあればあわせる事ができます!

シースルーフィルムを変形で作りたい!という方は「型」のデータも一緒に送ってくださいね

お見積り、お問い合わせはお気軽にどうぞ

ホワイトボード用ラミネート

みなさんこんにちは!

販促の山本です〜。

さて、今日ご紹介するのはこちら!

写真 1

ん?

マジックと透明フィルム?

…なんですが、これはちょっと特殊なラミネートなんです。

見た目は普通のラミネートですが、このラミネートを貼ったところはホワイトボードマーカーで文字を書いて消すことができるのです。

つまりみなさんがよく使うホワイトボードが作れちゃうのです!

使い方の一例としてはマグネットシートにデザインをプリントし、このラミネートを貼ります。

それを変形に切り抜けば、伝言用の吹き出しマグネットの出来上がり!

写真 2

味気ないオフィスのボードもちょっとかわいさが出ます

もちろんドーンと大きなボードにこのラミネートをドーンと貼ればそのボード自体がホワイトボードに変身しちゃいます。

なかなか使えるラミネートですよね。

デザインや工夫を凝らせば色んな商品が出来ると思います

あなただけのオリジナルボードを作ってみませんか??

リンク