2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
最近のコメント

Archive for 2月, 2014

寒い時期の印刷

こんにちは。

印刷の森です。

今年は2月になっても僕の住んでいる福井県はほとんどと言っていいくらい雪が積もりませんでした。

おかげでいつもの年よりも雪かきをしなくて済んだので本当に助かります。

さて、僕は印刷(オフセット)の仕事をしていますが、気温が低く印刷の乾きが悪くて毎日のようにストーブや暖房で印刷物を乾かしている状態です。

だからこの時期は本当に少しでも気温が高いと助かります。

それでもきれいに仕上がったときは本当にうれしい限りです。

今年は去年よりも満足できる仕事を1本でも多く仕上げられるようにがんばっていきたいと思います!

アクセス解析セミナー

みなさんこんにちは!

販促の山本です。

昨日はインターネット通販研究会の分科会がありました。

今属している分科会の今年のテーマは「アクセス解析を通じて管理運営の向上と販売高UP!」ということで、講師の中尾豊さんに来ていただき、アクセス解析の概要を説明していただきました。

大事なのは解析なのではなくて、目標に向けての改善のひとつだということ。

いままでネットでの新規売り上げ目標は漠然と決めてはいたものの、ただ結果を待っているだけにとどまっていました。(アクセス解析も見ておわり…

これから全5回に分けてセミナーをしていただけるので明確な目標と改善を目指してやっていこうと思います!

Amazonでの目標に加え、サカエマーク&ぺたんこ倶楽部の目標も追加して盛りだくさんだ〜

1896836_601280793285107_788443040_n

備品シール

みなさんこんにちは!

販促の山本です。

さて、今日は備品シールを紹介します。

09-03-690x460

備品シールとは生産設備、備品、什器、固定資産などの品名、型式、購入年月日、保守契約先、管理者名など管理上必要な情報を表示するためのシールです。また、記入した部分を汚れや擦れから守ることができるようにハーフラミネート加工することもできます。

ハーフラミネートは以前にも紹介しましたがもう一度おさらいしておきましょう。

ハーフラミネートはその名の通り半分だけしかラミネートをしません。

blog_import_51d11cd46e4da

理由は…わかりますね

文字を書き込むためです。

blog_import_51d11cd1b383f

書いた後は残りのラミネートを貼り付ければ書いた文字が保護されます。

あ、備品シール=ハーフラミネート仕様というわけではありませんので

やり方は自由です

どういうのがいいか分からないときは是非ご相談下さ〜い!

 

継続1年っ!

みなさんこんにちは!

販促の山本です〜。

やりましたっ

ブログを初めて丸1年、土日祝以外はすべて更新できました!(あ、他のスタッフが書いた日は休んでます)

我ながら感心であります。

ブログを始めたキッカケはインターネット研究会でした。

ブログマーケティングの話を聞き、メンバーがみんな頑張ってるのを知って、自分もやってみよ〜っと軽い気持ちで始めました。

ブログを書いたことがある人なら誰でもわかると思いますが一番の悩みはネタ探し

書くことがなくて眠れない日々が何度あったことか…

とりあえず内容がマーケティングになっているかは微妙なところですがこれからも制作事例やスタッフ達のがんばり、会社の行事など色んなことを情報発信していけたらと思います。

次は2年をめざしてがんばるぞ! オ〜!!

IMG_1402

カレーは好きか?

みなさんこんにちは〜

販促の山本です。

突然ですがカレーはお好きですか?

自分は好きです。1週間毎日食べるのはいやですがそれなりに好きです。

市販のルーで作るカレーも某カレー店の味も好きです。

…が、ちょっとこだわったカレーも好きです。

カレーカレーうるさくてすみません。

実はちょっと紹介したいカレーがあるのです。

それがこれ。

写真

池袋発!!BAROSSAのカレーペースト!

実はこのパッケージ、弊社で作ったものなんです。

なにげに後ろの説明文を読んでいたらとてもおいしそうだったので、パッケージの納品後にこっそり注文してみました。

このペーストで作るチキンカレー、マイウ〜〜なんですっ!!

スープタイプで、ちょっと辛めで、くせになる味

たまに思い出しては注文しています。

で、今回はリピート3回目だったのですが、注文フォームの備考欄に


お世話になっております。
この商品のパッケージの作成をご注文いただいているサカエマークです。
以前にも注文しましたがとても美味しかったので再注文させていただきます!


と書いてみたところ…


山本 様
この度はご注文いただき誠にありがとうございます。
お世話になっております。
ご住所でピンッときたのですがやはりそうっだったのですね。
とても光栄でございます。
このパッケージの商品は北は北海道から南は奄美大島や沖縄
など日本各地にお届けしてるんですよ。
またパッケージオーダーの際はよろしくお願いします。


ご住所でピンッときていただけたそうです

うれしいです!ありがとうございます!

みなさんもよかったら食べてみてください。

17009915

どこかのブログより勝手に拝借

効率

みなさんこんにちは!

販促の山本です。

Amazonのお名前シールの注文が2月に入ってから急激に伸びてきました

入園・入学・新学期を前にして準備されている方がたくさんいらっしゃるようです。

お名前シールの注文をいただけるのは大変うれしいことなのですが…

制作のメンバーが一人減った上に通常業務+αの仕事量がちょっと苦しくなってきました

で、少しでも工程を減らせないかと考え…

写真 3

発送の時、このようにいままでは商品を無地の封筒にいれ、宛名シールを作って貼っていましたが…

ちょうどいい位置にある窓付きの封筒を探し、プリントアウトした納品書に記載されている宛先をそのまま封入!

写真 1 のコピー

 

写真 2

封筒のフタには両面テープも付いていたので「宛名シール作成」と「封止めシールを貼る」という作業が短縮されました!

写真 1

さらに後ろにはプリオン君を入れた社名をプリンターで印字してかなりいい感じに

なぁーんだそんなことかと笑われそうですが、恥ずかしながらいままで全く何も思わずに作業をしていました。

黙々とスピーディーに作業を進めるのもいいですが、たまには立ち止まって「こうすれば簡単じゃん!」という効率を探すのも大事ですね

お名前シールの製作はまだまだ改善の余地がありますが色んなことを試していきたいと思います。

社名シール

みなさんこんにちは!

販促の山本です

今日紹介するシールは「社名シール」です。

07-01-690x460

社名シールとは……社名のシールですね(笑

なんだそんなものかと思われるかもしれませんが社名シールって重要なんです!

貼った所が会社の広告になるんです。

封筒、備品、納品物、持ち物…などなど貼れるところはたくさん!

つまりこれが会社のPRや営業ツールにもなります。

いろんな所に貼ってあなたの会社をアピールしちゃいましょう!!

ちなみに社名シールの素材に決まりはありません。

紙素材(ミラー、上質)や、フィルム素材(エンビ、ユポ)など何でもオッケーです!

オンデマンド印刷なら少ロットでも対応可能なのでお気軽にご相談ください!

 

制作事例/協和ファインテック株式会社様 その3

みなさんこんにちは!

販促の山本です!

今日は制作事例です。

いつもお世話になっている協和ファインテック様より、今回も展示会用のタペストリーのご注文を頂きました。

写真 1

写真 3

ありがとうございます!!

上のグリーンベースの方はクロス生地、下のピンクベースの方はターポリン生地になります。(画像では違いがわかりにくいですが

バーの色も黒とアイボリーで分けてあります。

クロスは軽くて布のような素材、ターポリンは頑丈なビニール素材でできています。

ターポリンの方が若干色が鮮やかな仕上がりになります。

ちなみにこちらのタペストリーは前回ご注文いただいたときのあの機械の展示会で使うそうです。

IMG_0375

カッティングシート、ステッカーともきれいに貼って下さいました

ありがとうございます

タペストリーのご注文はこちらからどうぞ!

 

デザイナーさん来社

みなさんこんにちは〜!

販促の山本です

今日は「超合金」と呼ばれるデザイナーさん達のチーム(?)が我が社へ会社見学にいらっしゃいました。

制作、シール、加工、オフセット、そして新事業部門のプリンター・プロッターを一通り見て頂きました。

さすがデザイナーさんだけあって、初めて目にするというよりは機械はこう動いているのか、という感じで見られていたようです。

写真 1 のコピー

写真 2 のコピー

UVプリンターで印字した作品なども見て頂きました。

デザインを専門にされている方々は我々製造業とは違った感性を持っています。

新しい機械を使って何ができるか?

どんなアイデアを生み出せるか?

サカエマークの力をぜひお仕事として使っていただけたらと思います。

勉強会

みなさんこんにちは!

販促の山本です

先週の土曜日に製版部門の勉強会がありました。

今まで製版に専属でついていた原くんが工場長として現場に戻ることになり、穴埋めとして制作のメンバーが製版をしていますが、何かと手が回らないときや急ぎで版を作りたいときはシールやオフセットのメンバーにも手伝ってもらおうという試みです。

写真 2

ラブラブ

写真 1

そしてこの時間を利用して営業の清水君、荒木君もKogsbergを覚えてみたいということでプロッターを実際に動かしていました。

写真 3

もう完璧ですと豪語してましたが大丈夫でしょうか…?

みんなが自分の部署を飛び越えて色んな仕事をこなせるようになると会社はまた一段と成長できそうな気がします。

リンク