カテゴリー

5月, 2008

静かな土曜日。

今日は、朝から静かです。
昨日までジャンジャン鳴りまくっていた電話も、
今日は全然。
来週から、忙しくなる予感がします。
嵐の前の静けさということで。

原油高。

今日、いつも給油をお願いしているガソリンスタンドから
「6月からガソリンが11円上がりますから、今週末までに
給油おすすめします。」
と連絡がありました。
ついに170円台突入です。
全く、いいかげんにしろよと叫びたいです。
用紙は上がるは、ガソリンは上がるは、印刷業から考えたら、
仕事をやめろと言われてる様な外的環境の悪化です。
実際の需要に応じての原油高ならまだ納得もいきますが、
投機的なイメージが強いのでとても不愉快です。
日経ビジネスにはこう書かれていました。
『歴史をさかのぼれば、日本企業は過去の石油ショックを
バネにコスト競争力を高め、省エネ技術を開花させた。
今回の原油高も同じ。この未曾有の事態を危機と捉えるか、
競争力を磨く機会とするかで、未来は変わってくる。』
我が社は『後者』を目指す前向きな会社でありたいと思います。

電通鬼十則。

電通鬼十則。
昨日、ブログでも紹介したエーワン精密の梅原社長様の
バイブルだそうです。
とても厳しい言葉ですが、経営の本質がこの言葉の中に
全て含まれていると感じました。
早速、自分のデスクの壁に貼付けました。
身の引き締まる思いです。
1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。
2. 仕事とは、先手先手と働きか掛けていくことで、
  受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取組め! 小さな仕事は己を小さくする。
4. 難しい仕事を狙え! そして成し遂げるところに進歩がある。
5. 取組んだら放すな! 殺されても放すな! 
  目的を完遂するまでは...
6. 周囲を引きずり回せ! 引きずるのと引きずられるのとでは、
  永い間に天地の開きができる。
7. 計画を持て! 長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、
  そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て! 自信が無いから君の仕事には、迫力も粘りも、
  そして厚みすらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一部の隙もあっては
  ならぬ! サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな! 摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。
  でないと君は卑屈未練になる。

共鳴。

日経ベンチャーという雑誌に、『最強の20億円企業』という
題目で【エーワン精密】という会社が紹介されていました。
久々に『目からウロコ』の内容でした。
【エーワン精密】という会社は、売上高20億円の町工場で
ありながら、経常利益率は40%を超え、しかも無借金で
自己資本比率が90%と、とてつもない素晴らしい会社です。
【エーワン精密】の強さの秘密は
1、コスト管理
2、人事管理
3、時間管理
この3つに全くのムダがない、実にシンプルな経営だと
書かれていました。
徹底的にムダを省き、利益を追求する。
ムダといっても、『管理のムダ』を省くことが重要で
その為には、現場の社員を信頼し、仕事をまかせきる
ことを徹底する。
そして、現場の社員は自分自身に責任を持ち、自発的に
仕事をこなしていく。
正に僕が目指す【自立した会社】、【自立した社員】の
模範がここにありました。

仕事が仕事を呼ぶ。

3月に、加工難易度が非常に高いPOPを納品しました。
(以前ブログでも書いたのですが。)
実はこの印刷物は以前、別の会社を通して、別の印刷会社が
印刷加工していたのですが、トラブルが多く我が社のお客様
にお声が掛かり、そして我が社にて新たに印刷加工の依頼が
来た物件でした。
3月に現場のオペレーターと試行錯誤を繰り返して、苦労して
作り上げた印刷物の品質が良いということで、今週同じ仕様
で大量にご注文をいただきました。
我が社の製品の品質が全国的に認められて、また次の仕事の
依頼が来るというこの願ってもない流れ、とても嬉しいです。
【仕事が仕事を呼ぶ。】僕が望む形がまた、現実化しました。
特殊印刷のご用命は株式会社サカエマークまで!

管理ソフト。

先週の金曜日は東京へ、管理ソフトの制作打ち合わせに
行ってきました。
見積から、受注管理、販売管理、工程管理、売掛管理まで
全ての管理を一括で行う会計ソフトです。
既に既存品としてソフトは存在しているのですが、我が社は
オフセット印刷とシール印刷を同じ会社内で行っているので
かなり全ての業務が複雑にからみあう為、既存のソフトを
土台にして、作り替えが必要になります。
価格も既存品のソフトの何倍もかかってしまいます。
しかし、印刷業務の管理化、そして各社員の価格意識、
納期意識の向上の為には絶対必要であると思っています。
だれかに仕事をやらされるのではなく、社員一人一人が
自分が手掛ける仕事に責任を持ち、尚かつ価格や納期
管理まで出来たら、こんな素晴らしいことはないと僕は
思います。

販促品。

今、会社案内や見本帳など営業ツールをしこたま、作成中です。
その中でも、シール用のサンプル帳が我ながらすごいです。
カタログ
新規のお客様のご要望で一番多いのが、
『シールの紙サンプルが欲しい』という要望です。
今まではメーカーの用紙のサンプル帳を細かく切ったり、過去に
印刷した印刷物を探して、お客様に提示していました。
結構この作業も時間を取られることが多く、その見本を
お客様の手元に置いていただける代物ではなかったと思います。
用紙の種類は軽く、200アイテムを超えます。
今回この用紙を全てメーカーから取り寄せ、自社にて
印刷をし、カタログに実際の用紙サンプルを貼り付け
用紙の種類が一目瞭然で分かる『サンプル帳』を作りました。
(正直、まだ途中の段階ですが。)
僕自身、今までこんな分かりやすいサンプル帳を見たことが
ないので、完成の暁には弊社の強大な販促品として、フルに
活用していきたいと思います。

展示会。

先日、北陸技術テクノフェア2008とプレミアムインセンティブ
ショーの出展案内が立て続けに送られて来ました。
今までこのような案内は、来場者としての案内はありましたが、
出展者としての案内は初めてでした。
今まで、弊社の広告やPRはネット限定で行ってきましたが、
今年営業を一人増やし、営業活動を表立ったものにしていこう
と心に決めていた時だったので、正に『渡りに舟』のタイミング
でした。
そろそろ、弊社のPRに本気で力を注ぐ時期が来たと感じました。
二つの展示会両方共、参加するかはまだ決めてはいませんが、
折角のこのタイミングを逃す手はないので、早速今月から
出展内容も含めて前向きに検討していきたいと思います。

紙の値上げ。

今月、また紙の代理店から、値上げの要請がありました。
昨年秋に20%値上げした用紙を、6月から更に15%から20%値上げ
するとのことです。
全くふざけた話です。
新聞紙上では、各製紙メーカーは黒字の利益を上げているにも
関わらず、この短期間での値上げ。
何を考えているのでしょう?
成分表示偽装で、印刷業界全体のイメージダウンをさせておきながら、
またこの時期に、矢継ぎ早の値上げ。ホントに許せません。
そこに何らかの企業努力が見えてこないです。
私たちメーカーは、エンドユーザーにご迷惑をお掛けしない様に、
自助努力を続け、作業の効率化、損紙の軽減などで製品価格の値上げ
を出来るだけしない様に日夜励んできました。
その努力を一瞬に吹き飛ばす位の今回の、用紙値上げは本当にキツイ
です。
印刷会社は、紙が無ければ、何一つ印刷出来ません。
その立場を逆手に取られているようで、悔しいです。
このまま黙って値上げを受け入れるしかない状況を何とか出来ない
ものか、これからの日々、頭が痛いです。

プロ。

昨日の日曜日、業者の方に白蟻駆除をしていただきました。
調査の結果、工場の床下がかなりの範囲で白蟻に食べられて
いたとのことで、日曜日にも関わらず至急作業をしてもらいました。
我が社の工場は、増築増築の連続で、床下の構造もかなり複雑で
駆除の作業も大変だった様です。
でも、50坪もある工場の床下に朝から潜り、コンクリートの壁を突き
破ったり、薬を散布したりと、さまざまな作業を僅か二人で夕方までに
終えていました。
その手際の良さと、黙々と仕事をする姿に『プロの心意気』というものを
感じました。

カテゴリー
お気に入り