カテゴリー

11月, 2008

石川遼。

石川遼君が今日のカシオワールドオープンゴルフトーナメントの
予選を通過して、史上最年少で賞金1億円突破が確実とのこと。
高校二年生で年収1億円。
すごい、すご過ぎます。
でも、ゴルフの実力もさることながら、彼の素晴らしい所は
常にインタビューを受ける時に、必ずファンや関係者への
感謝の言葉を欠かさないということです。
人気も実力も兼ね備えると、17歳の若さであれば、天狗に
なってしまうのが当たり前だと思いますが、彼は常に謙虚で
前向きです。
彼のそんな態度に、僕自身、気を引き締められることが
何度もありました。
我が息子と僅か六歳しか違わない少年の器の大きさに、
ただただ感服するばかりです。

年賀状。

年末も迫ってきて、年賀状注文が集中する時期になりましたが、
やっぱり年賀状の注文は年々減ってきているのを実感します。
家庭内でパソコン、プリンターを揃えて個人のお客様は、
ご自分で年賀状を作られていたり、メールで新年の挨拶を
済ませたりと、いろいろな要因はあると思いますが…。
僕個人的には、毎年300枚以上の年賀状を出すので、
印刷会社の社長である特権を使って、我が社で印刷して
もらっています。
でも、プロである以上、品質やデザインにこだわりたくて
毎年結構、頭を悩ませます。
「今年の年賀状良かったね!」とか、知人に言われちゃうと
また、次の年も頑張ろうって、変なプレッシャーを感じちゃい
ます。
まだ、今年のデザインは固まっていないので、そろそろ
素材集めを考えないと。
でも、年賀状って一年に一度の知り合いとの交流、つながりを
感じれるから、好きです。

不思議。

例年もそうですが、12月前のこの時期、新規の
お客様の仕事が増えます。
年末だから、既存の取引業者が忙しくて対応して
もらえないからなのか、予算の見直し時期が来る
のか、理由は定かではありませんが、ここ数年は
続いている不思議な現象です。
ほとんどが、ネットからの注文ばかりですが、
新しい窓口が開き、新しい縁が広がるというのは、
ホントに嬉しい限りです。
この縁が、永続的に続くつながりとなる様、納期、
品質、価格の面での丁寧、迅速な対応を徹底して
いきたいと思います。

数字、数字。

販売管理ソフト、やっと始動し始めました。
まだまだ手探り状態ですが、なんとか作業伝票の発行から、
納品書発行までの流れは形がついた感じです。
でも、これからやることはまだまだ山積みです。
原価テーブルの作成という、大きな仕事があります。
数字の羅列を見るだけで、クラクラする僕なので、
かなり気分的にも重いです。
ホントに数字に弱い経営者って、駄目だなとつくづく
思います。
やっぱり、財務のプロみたいな右腕がそろそろ必要だな。
真剣に考えないと…。

雪。

朝、やたら寒いと思ったら雪でした。
先週までは暖かかったのに、今度は雪。
これだけ温度差あると、ホント体調崩しやすいです。
今年は、エチゼンクラゲも出現せず、夏の魚「シイラ」
が福井の敦賀で大漁だとニュースで言ってました。
自然界の動物ですら、季節感が麻痺してる様です。

泣け歌。

最近、よく見るテレビがあります。
「泣け歌」。
確か火曜日だったと思いますが、かなり
はまってます。
あまり、メジャーではないけど、泣ける歌を
毎週紹介しています。
司会者の西田敏行にも負けない位、毎週泣いてます。
今まで、歌聞いて泣くなんて、ほとんどなかったのに。
不思議です。
昨日も、つるの剛士の歌を聞いて泣いちゃいました。
年取ったのかな?
涙腺が壊れたのかな?
でも、泣ける程素敵な歌ってホント、いいです。

検品の意味。

我が社では、毎朝、全社員で前日に仕上がった印刷物を
検品しています。
目的は不良印刷物をお客様に届けないことと、社員全員の
品質への意識を向上させる為でした。
我が社とお取り引きのある、株式会社Chrysmelaの
菊永社長様のブログを拝見させていただき、改めて
検品の意味に気付くことが出来ました。
株式会社Chrysmela様は「クリスメラキャッチ」という
画期的なピアスキャッチを製造販売されている会社です。
菊永社長様は毎日、ご自身でクリスメラキャッチを
一個一個検品し
「さぁっ!お客様の元でしっかりサポートしておいで!」
「しっかり働いてくるんだよ!」
という気持ちを込めて製品を送り出されているそうです。
それは、製品を売っているのではなく、「安心」を売って
いるからだそうです。
このお言葉に、お客様を思う感謝の気持ち、自社製品に
掛ける愛情の深さを感じました。
そして、感動しました。
私を含めて何人の社員が、菊永社長様の様な気持ちで
毎朝の検品を行っているかと考えましたが、悲しいかな
多分ゼロだと思います。
1、お客様へ「安心」と「信頼」を売る気持ちを持つ事。
2、自分達が作りあげた製品に愛情を持つ事。
この二つの気持ちを持つことで、検品の本当の意味、価値
が現れてくるのだと思いました。
商売自体の本質もこの気持ちに集約されているのでは
ないでしょうか。

ダウン。

昨日は久々に熱が出てダウンしました。
前日の夜、やたら寒いと思って、体温を計ったら
なんと35℃!
低過ぎて逆にビックリ。
こりゃ明日熱出るなと思ったら、予想通りでした。
やはり、寒風吹きすさぶ中での遊園地は41歳の
僕にはちょっときつかった様です。
でも、僕が一日寝込んでいても、会社で問題なく仕事が
進んでいることに、社員達の頑張りや成長が見えて
とても有り難いです。

旧友との語らい。

土日は、毎年恒例の大学時代の仲間との旅行があり
ました。
場所は愛知県蒲郡市の三谷温泉です。
一年ぶりに会った連れは相変わらずのオッサン連中
でしたが、子供達の成長ぶりには目を見張るほどの
驚きがありました。
現実を離れた久々の旧友との語らいや、子供達の
笑顔は何にも代えられない、心の癒しになりました。
彼達との出会い、そして繋がりにホント、感謝感謝
です。

楽しみ!

明日は息子と二人で旅行です。
大学時代の友人6人と「86会」という会を作っていて
毎年1回、家族旅行をしています。
幹事は持ち回りで、大学卒業からずっと続けていて、
もうかれこれ20年近くが経ちます。
この「86会」のメンバーといる時が一番、僕自身が
自分らしくいられます。
明日は久々に彼らの顔が見れるので、ホント楽しみです。

カテゴリー
お気に入り