カテゴリー

9月, 2010

優れもの!

$トクする印刷会社社長のブログ-ケルヒャー
環境整備の一環として、壁や天井を綺麗にする為に遂に買いました。
「ケルヒャースチーム洗浄機!」
ジャパネットたかたのテレビショッピングで前々から目を付けていた商品です。
試しに階段横の壁を掃除してみました。
すると…。
長年積み重なった汚れが、みるみる落ちる落ちる。
『楽しい…。』
掃除しながら、ニヤニヤしてしまいました。
でも、これだけの汚れを社内に溜め込んでいたかと思うと、ちょっとゾっと
しました。
もっともっといろんな所を、綺麗にしまくるぞっと。

一新!

ブログのスキン、オリジナルに変更してみました。
今まで、既存のスキンを使用していましたが、
オリジナルにしてみると、何だか楽しい~。

10年後の自分。

今日、高校時代の友人が退職の挨拶に来ました。
会社と個人とで保険を頼んでいるので、迷惑を掛けること
へのお詫びとしてということでした。
退職の理由として、
「10年後、今の会社で働いている自分が想像できない。」
と言った友人の言葉が、胸に深く突きささりました。
僕自身は、当然のことの様に今の会社、社員を守り、みんなが
幸せになることを夢見て仕事をしてきましたが、その思いには
何の保障も無いのです。
10年後の自分を頭に描いてみると、生きること、生き方の重み
をひしひと感じました。
友人の次なる人生が、夢大きく広がることを心から望みます。

海猿3

$トクする印刷会社社長のブログ-海猿
先週の土曜日は、リフレッシュ休暇と自分で名付け、
一人旅をしてきました。
ゴルフ練習に映画にお風呂と、定番3連発です。
映画は公開前から、楽しみにしていた『海猿3』。
大泣きした海猿2と比べて、どうか?
結果は今回も3Dグラスを涙で濡らしてしまいました。
あきらめない心、人を信じる心、単純で尊い一番大切な
ことをこの映画はいつも教えてくれます。
それにしても、伊藤英明、格好良過ぎ!

環境整備Part.2

先週18日の土曜日は、僕は急用でいませんでしたが、
残りの社員で、シール原紙を中心に在庫整理をして
もらいました。
トクする印刷会社社長のブログ-用紙
今までは、あまりしっかりとした在庫管理ができて
いなかったので、在庫の用紙があるのに、余分に用紙を
頼んでしまうということが多々ありました。
今回はサイズ別にしっかりと、用紙を分けてくれたので
無駄な発注はかなり減ると思います。
あとは、手書きで用紙一覧を作ったものを全てデータベース化
して用紙の在庫管理を更に徹底していきます。
この地道な努力が、利益率アップという目に見える形で
現れるのを楽しみにしたいと思います。

様変わり!

$トクする印刷会社社長のブログ-1
上の写真はシール印刷機の『インキ壷』といものを洗う
容器です。
以前は、この青い容器を床にダイレクトに置き、インキ壷を
洗っていました。
インキの汚れが、床や壁に飛び散り、それはそれは汚い有様
でした。
7月から始めた環境整備の一環として、これを何とかしたくて、
社員のお父さんに日曜大工をお願いして、インキの飛び散りを
防ぐ黒いカバー台を作ってもらいました。
これが中々の仕上がりで、僕が思い描いていた形状にピッタリ
でした。
それでも、インキ洗浄の油は丸見えなので…、
トクする印刷会社社長のブログ-5
トクする印刷会社社長のブログ-4
トクする印刷会社社長のブログ-3
トクする印刷会社社長のブログ-2
こんなロールスクリーン作ってみました。
今まで、見るのもおぞましかった現場が、徐々に徐々に綺麗に
なっていく様子がはっきり目に見えて、とても明るい気持ちに
なります。
まだまだ、『環境整備』突き進めます!

逆戻り。

昨日の日曜日は、お客様と我が社員とゴルフ。
大雨、雷雨の天気予報の中、一滴の雨も降ることなく、
その天気予報のおかげで、キャンセルがたくさん出た
様で、ゴルフ場はガラガラでした。
週末なのに、ゆったりとした気分でラウンドすることが
出来ました。
『これも普段の行いがいいからだよね。』と、メンバーと
話していましたが、肝心のスコアは…、98。
またまた、へたな自分に逆戻りです。

来客。

今日の午後は、来客ラッシュ。
1時間おき、又は30分おきに…。
次から次へと、お客様から業者さんまで。
階段を何回昇り降りしたことか。
少し痩せそうです。
ちょっと仕事のバタツキ感が出てきました。
まだまだ本調子の仕事の流れとはいえませんが、
上昇気流をちょっとだけ感じます。

雷おやじ。

今日は、朝から我が社に雷が落ちました。
発信源は僕ですが…。メラメラ
何度も印刷している下げ札なのですが、印刷も加工も
終わり、後は内職手配を待つのみの状態で事務所内に
置かれていました。
何度も印刷しているので、色の濃さの記憶が僕の頭の
中に刻まれています。
その記憶と比べると、色が薄い。
でも、自分の記憶も最近怪しいので、前回見本と比べると
やっぱり想像以上に薄かった。
ブチ切れです。
ただ赤1色の簡単な印刷なのに…。
その色の違いに、何十人の人が気付かない。
プロとしてあるまじき、仕事です。
担当者、責任者も含めて、烈火のごとく怒りました。
その仕事のやり方に『魂』が入っている様にはとても
思えなかったのです。
ただ、流れ作業の様に目の前の仕事を流すのであれば、
ロボットで十分です。
お客様のことを思い、仕事に『魂』を込めるからこそ、
生きた仕事になるのです。
社員の心に熱い『魂』が、宿るのはいつのことなの
でしょうか?
昨日深夜、テレビで見た『サラリーマン金太郎』の
あの熱さが、僕は欲しい…。

下請けからの脱却。

金型成形の会社の方から、商品を入れるパッケージの
デザインを依頼され、デザイン案を3つ用意し、プレゼン
に行ってきました。
金型といえば、製品の大元となる原型を造るものなので、
企業の形態としては、どうしても『下請け』の形がメイン
です。
こちらの会社様も、眼鏡産地という土地柄、眼鏡の型を
造ることが仕事のメインだったそうです。
でも、昨今の不景気の波に飲み込まれ、眼鏡関係の仕事
のみでは苦しいので、他分野に参入を考え始め、自社製品
の販売にチャレンジされています。
『今までの仕事の形態を大きく変えていく』
という強い思いと、
『これからの産業は金型屋が作り出し、引っ張っていくんや~』
前向きな言葉に、僕の心も熱くなりました。
印刷業もいわば、下請けの形態が色濃いですが、この形態からの
脱却に必死な僕ととても共通する部分が多くて、共に、福井を
日本を盛り上げる為に頑張れたらと、強く思いました。

カテゴリー
お気に入り