2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近のコメント

Archive for the ‘商品紹介’ Category

商品紹介/透明箔押し加工

 

透明箔とはその名の通り、色のない透明な箔のことです。今回はそんな透明箔を使って箔押しをしてみました。光を当て、見る角度を変えるとツヤっと光ります。箔自体が透明なので印刷物のイメージを損なうことなく、目立たせたい部分を光らせて、存在感を出すことが出来ます。また、透明箔に高細線をプラスして箔押しをすればホログラムのようなキラキラした模様の表現が可能になりますよ!

 

 

みなさんこんにちは、制作の増田です

本日ご紹介する商品は”透明箔押し加工”です!

美味しそうなお寿司が並んだポストカード。こちらに箔押し加工を施しました。

 

この写真だとわかり付いらいですね^^; もっとアップにしてみましょう!


加工の仕方自体は通常の箔押し加工となんら変わりはなく、使用する箔を金や銀からクリア箔に変えるだけでこんなにも違うデザインに仕上がります。
今回は【商品紹介/箔押し加工】こちらの記事で紹介した高細線箔押し用の版を利用して、印刷だけでは表現できないお寿司のネタの素材感を演出してみました。

 

透明箔は見る角度でデザインが浮かび上がります。
金箔や銀箔のようなダイレクトな高級感よりは、さりげない高級感を演出したい時などにお勧めです。

「セキュリティー面を強めて、同製品を複製されないようにしたい…でもホログラムのような目立つものを使うのはイメージと違う…」
そんな時には、文字デザインを入れるクリア箔押し!
全体のデザインのイメージを損なうことなく偽造行為に対する抑制効果を高めることが可能です。

氷の表面やステンドグラスのような輝きを紙面に表現したい。
さりげない繊細なデザインをしたい。
透明感やレイヤー感、テクスチャ感をアナログで表現したい。
そんな思いに応えてくれるのもこの”透明箔”です。

透明箔の可能性は無限大。
白い紙に透明箔でデザインを施すのも洗礼されたかっこよさや美しさを演出できそうですね!

 

 

サンプル商品実物をご希望の方はサカエマークのサンプル請求のページからお気軽にお問い合わせください

 

それではまた!

はんこめいど/紹介ホームページ

みなさんこんにちは、制作の増田です

 

今日は皆さまにお知らせがございます。

ななななんと!弊社オリジナルはんこ作成キット「はんこめいど」のHPがアップロードされました〜!!

 

はんこめいど 紹介HP【http://omogu.club/page_907/

 

ページ内では、商品のコンセプトから作り方説明、PR動画のご紹介などはんこめいどについて盛りだくさんのページとなっております☺️

オンラインストアはまだ準備中ですが、発売開始になりましたら上記HPからキットはもちろん追加素材などの購入も可能となります。

随時逃さずチェック必見です!😆

商品紹介/インパクト十分!食べられる名刺!?

みなさんこんにちは、制作の増田です

本日は食べられるクッキー名刺のご紹介です!

cookie_title

cookie_p

単に名刺を渡しただけでは、印象度が低くて覚えてもらえない……
そんな悩みを抱えた方に
名刺がプリントされた「クッキー名刺」はいかがですか!

 

渡された方もビックリ!

話題のタネとして商談がスムーズに進められること間違いなし!
もちろん食べても美味しいので、喜ばれることも間違いなしです。
「印象に残って覚えてもらっても、食べてなくなってしまったら意味がないじゃないか!
ご安心ください、本物の名刺も箱の裏に挟めます

プリントするデータは弊社で1からデザイン制作可能!
もちろん、ご自身でデザインされたデータでのプリントもOK!

 

こちらのクッキー名刺は
1枚 ¥20050枚より承ります。

 

撮影の時に実食してみましたがサクサクしていてとても美味しかったです
新たな営業のお供にいかがでしょうか?

 

お問い合わせはサカエマークまでお気軽に!

 

それでは!

商品紹介/エンボス加工

enbos_topよく見たら凹凸があった!と気付いて思わず手でさわってみたくなるエンボス加工。斜めから見たり、触ってみたり、表情が変わるのが面白いですね。エンボスは箔押しと似た工程で加工されます。金属製の版を押し付けて、さらにその反転した柄の版を反対側から押すことで、紙に凹凸を生み出します。そのため紙の厚みに影響されやすく、ケースによっては柔軟な対応が必要になってきます。時には繊細に、時には強いインパクトを与えたりと多様な使い方ができるエンボス加工。このような立体のものは人の印象に残りやすく、デザインの主役としても十分存在感があるので、印刷や、箔押しなどと組み合わせて是非活用してみて下さい。

 

みなさんこんにちは、制作の増田です
本日ご紹介する商品は”エンボス加工”です!
紙に凹凸を生み出し時には繊細に、時には強いインパクトを与えるエンボス加工。
「エンボスシールってなんだかオシャレだし高級感が出ていいわよね〜
うちのお店のロゴをエンボスのシールにできないかしら?」

と考える方も結構いらっしゃるのでは…?

 

「でも、エンボス加工ってぶっちゃけどこまで細かいデザインを表現できるの?」

 

そんな素朴な疑問を解決すべく、試してみました!

 

   
 

butterfly

こちらが弊社が配布していたエンボスサンプル。
少し見えずらいですが、蝶々の触角部分がところがまぁまぁ細いかな?というところで、

「これぐらいのデザインなら凹凸が出ますよ〜」と今まではお知らせしておりました……

しかし、今回はこれをはるかに上回る細かさに挑戦するのです……

 

 

 

そして!今回挑戦した図柄がこちら!

 

emboss_date

 

私、これでもかという程に細かいデザインを考えてみました。

本当にこのデザインでもエンボスの凹凸が出るのか…?

弊社で箔用のマグネシウム版やエンボス加工専用の版の作成をお願いしているサカエ彫巧社様に相談をしながらいざ作成へ……

 

 

 

\ そして完成 /

ikyatti

(今回はおまけで2色の特色印刷も行いました)

 

 

どうでしょうこの見事なエンボス!

tousya

これだけ細かいデザインでも見事に凹凸を表現できました!

 

注目はこちら!

kikyou

こちらの桔梗?の花などなんと大きさ1mmですがきちんとエンボスとして浮き出ています!

 

データ作成のポイントとしては、
・線の太さは最低0.4pt
・デザインの最小サイズは0.3mm以上
であればエンボス加工で凹凸が出せるようです。

(材質や素材の厚みにより数値が変化する可能性が十分にありえますので、実績のない素材で作成する場合は校正刷をすることをお勧めいたします。)

 

今回使用した素材は艶消ホイル紙・艶有ホイル紙(金銀2種類)です。

kesigintuyaginkesikinntuyakin

薄い素材やデザインによっては圧をかけた際に破れてしまい、製品として完成しないこともありうるので、ご注文される際はまずはお気軽にお問い合わせください!

 

 

こちらのサンプルをご希望の方はぺたんこ倶楽部の無料サンプル請求からお気軽にお問い合わせください

 

それではまた!

ついに「はんこめいど」が完成しました!

みなさんこんにちは!

毎月発行のSNLでチラッと紹介しました、樹脂板で作る「はんこめいど」がついに完成しました〜

IMG_6298

はんこめいどは2014年12月に行われた社内プレゼン大会で優勝した作品です。これを実際に商品化しようという話は何度か出ていましたが、なかなか重い腰があがらず(笑)、そんな状態にキッカケを作ってくれたのが「鯖江ギフト組」でした。

シーズン1では他社様の商品のパッケージや印刷物を弊社でお手伝いするという形で参加していましたが、今回は実際に出品してみないか?というお誘いを受け、それならばとこのホコリを被りかけている「はんこめいど」を取り出したのです。

ギフト組の例会は月に2回あり、我が社からは社長と芳中制作マネージャーが会に参加しました。毎回課題が出され、ターゲット層の洗い出しやパッケージング、商品の見直しなど何度もダメ出しを受けながらここまでたどり着きました。

プレゼン当初はショボいパッケージに100均で揃えた安物感丸出しのはんこめいどでしたが、我が制作チームのすばらしいデザイン案で立派なものが完成しました。みなさんに感謝感謝です

現在、サンドームにて展示会を開いておりますので、ぜひぜひお越しくださいませ。4月2日までですよ〜!

IMG_6294

本日の福井新聞にも掲載されました!

 

 

 

 

 

======================================

(追記)

はんこめいど特設ページが開通しました!

 

キット本体のご購入・追加素材のご購入はこちらから
はんこめいど特設ページ 【http://omogu.club/page_907/

商品紹介/箔押し加工

箔押しtop

 

誰でも一度は見たことがある箔押し加工。箔用の金属板を使い、フィルム状の箔を熱で印刷物に押し付けてくっつけていく加工です。箔の色、種類も豊富で目を引きますね。主に金・銀の箔押しですが、今回は箔押し後にカラー印刷をすることで、違った箔沿いの魅力を引き出すことに挑戦しています。
箔押し版自体にも模様入りのものを使用し、部位で見え方が異なる面白い仕上がりになりました。

 

 

みなさんこんにちは、制作の増田です

本日ご紹介する商品はこちら!”箔押し加工”です!
前に二層シールの際にも少しご紹介した箔押し加工ですが、今回はちょっとひと工夫した内容となっております

箔押し全体

こちら、当店自慢の箔押し加工がされた一級品の鯖となっております……

普通の箔押しと何が違うの?ホログラム印刷と一緒じゃない?

いえいえ、違うのですよ…

何が違うのかはこれからご説明致しましょう!

 

 

 

【ここが違うその①】

箔押しに模様がある!

 

〜箔押しの加工しくみ〜

箔押し説明

通常、ベタ塗りのように箔一色で加工するケースが多いのですが、今回は箔押し版自体に4パターンの模様が入っているものを使用しました。
そのため、より生々しい鯖のようなギラギラ感を演出できていますね!

「ホログラム印刷と同じでは?」

ホログラムは1シート全体がキラキラした素材でできているため、「この一箇所だけ模様を変えたい…!」などの加工ができません。しかし、箔押し加工ならば、デザインの一部のみをギラギラした模様のあるデザインにすることが可能です。

また、箔押しならではの手触りや、印刷した紙の手触り、質感なども残せるところがこの加工の魅力です。

箔押しアップ

/ ギラギラ〜! \

 

 

【ここが違うその②】

箔押しの上から印刷をしている!

箔押し加工は基本的にインキの印刷後に上から加工することが多いのですが、今回は、箔の上から印刷ができる箔を使用してみました。

色箔やホログラムとは違い、グラデーションや複数の色で箔のギラギラ感を出せるので、とても面白い印刷物がしあがります。

箔押し過程

※デザイン・色合いによってはインキだまり・にじみが発生することがございます。

 

高級感、特別感を演出してくれる箔押し加工、ぜひお試しあれ!

 

こちらのサンプルをご希望の方はぺたんこ倶楽部の無料サンプル請求からお気軽にお問い合わせください

 

それではまた!

商品紹介/活版印刷

活版top当社の活版印刷は、デジタルデータから直接凸版を作成することで、従来の活字だけによる活版印刷では不可能だった複雑なデザインの表現を可能にしました。厚手の用紙を使えば活版の圧力によって生じる凹みや、かすれが生まれ、オフセット印刷では出すことの出来ない温かみをつくりだすことができ、読み手に深い印象を残すことができます。現在ではデジタル化が進んだ事により、活版印刷は手間もコストもかかると減少傾向にあります。そんな中でもデジタルでは表現できない、活版でしか出せないアンティーク感、風合いにこだわりたい方々によって、活版印刷は再び注目を集めています。

 

みなさんこんにちは、制作の増田です

本日ご紹介するのは”活版印刷”です。

活版全体

昔ながらの手法で印字する活版印刷。コストと手間の面から活用される場面は減ってきていますが、こだわりをもつデザイナーさんには人気の手法です。

 

活版アップ

少々見えずらいですが、印刷時の圧により紙が凹んでいるのがわかるでしょうか?

この凸凹とインクの掠れなどが、活版印刷のモダンな魅力ですね

 

活版印刷は名刺やメッセージカード、DM、下札、タグなどのさまざまな用途でお使いいただけます。

デザインはシンプルだけどこだわりを入れたい時などにおすすめです!

 

サンプル商品実物をご希望の方はサカエマークのサンプル請求のページからお気軽にお問い合わせください

 

それではまた!

和紙タペストリー

みなさんこんにちは!
今日は新商品をご紹介します!

wa

これは…ぱっと見、普通のタペストリーですが…
実は和紙素材に印刷しているんです!
拡大して見てみると…

拡大

ちょっと分かりづらいですが和紙ですね
この和紙はインクジェット専用紙ではなく、ごくごく一般的な和紙を使用しています。
これをUVインクジェットプリンターで印刷しました。
UVインクジェットプリンターは紫外線で固まる特殊なインクのため、色んな素材*に印刷できちゃうんです!
(*素材によってはインクの食い付きが悪い場合もあるので要テストです。)

この和紙タペストリーは屋外では使用できませんが、ターポリンやクロスとは違った、独特の「和」の雰囲気があり、落ち着いた空間を醸し出せるかと思います。
もちろんオリジナルの和紙素材持ち込みでも対応可能ですのでお気軽にご相談くださいね。

商品紹介/油面用シール

油top油面用シールとはその名のとおり、油が付着した被着体にもしっかりと貼り付くシールのことです。通常、被着体に油が付いている状態でシールを貼ると、十分な粘着力が得られず、シールが剥がれてしまうことがあります。そのため脱脂(油を拭き取る作業)が必要となり、作業効率も悪くなりがちに…。しかし、この油面用シールを使用すれば脱脂工程を行わずともシールを貼り付ける事ができ、作業効率の向上が期待されます。また、シールをはがす際、被着体には油が残りません。印刷も可能なため、いろいろな用途に合わせて使用する事ができます。

 

みなさんこんにちは、制作の増田です

本日ご紹介するのは”油面用シール”です!

油説明

 

通常、シールは油に弱い製品なのですが、油面用シールは特殊なメカニズムで油を吸収し、ぴったりくっついてくれるのです。

FullSizeRender

鉄鋼用や自動車部品など各種工業用管理ラベル、化粧品の一般表示用ラベルなど、さまざまな用途でお使いいただけます!

 

※本製品は油面に貼り付け出来る設計になっておりますが、オイル成分によっては効果が十分に得られない場合がございます。事前に十分なテスト、確認をお願い申しあげます。

 

こちらのサンプルをご希望の方はぺたんこ倶楽部の無料サンプル請求からお気軽にお問い合わせください

 

それではまた!

商品紹介/2層シール

二層シールtop

2層シールとはダブルシールとも呼ばれている商品です。飲料水のキャンペーンシールやおまけシールなどに使用されているのを見たことのある方も多いのではないでしょうか。
1枚目と2枚目で絵柄が違う1粒で2度美味しいを形にした商品です。おみくじシールやアタリ・ハズレのある抽選シールも作れます。
下層に存在感を持たせるため、今回は2層目に箔押し加工を施しました。例のお菓子のおまけシールをオリジナルで本格的に作ってみたい!という方だけでなく、情報量を2倍盛り込める点を活かしたPOPシールにもつかえますね。

 

みなさんこんにちは、制作の増田です

本日ご紹介するの商品は2層シールです。

CIMG2628
こちらのシール、一見普通のシールに見えますが、めくってみると…?

 

CIMG2630 CIMG2631 CIMG2632

CIMG2634

もう一枚のシールが!
こちら、ダブルシールとも呼ばれているもので、下記画像のような構造になっています。

2層シール説明

 

 

さらに今回の下面のシールには、ななななんと!

CIMG2635

 

豪華箔押し加工も施してみました!

(写真ではきらめきがわかりにくいっ

めくったときにキラキラの箔が出てくるとレア感がぐんっと上がりますね

「箔押し加工って何?」という方のために、簡単な説明画像も用意しました。
箔押し説明

 

 

ちなみに、
セパ(裏面)印刷もしっかりとされています

CIMG2636

 

これであなたも懐かしの某シール風のノベルティが作れる!?

こちらのサンプルをご希望の方はぺたんこ倶楽部の無料サンプル請求からお気軽にお問い合わせください

 

それではまた!

リンク