エンボス

オプション加工

エンボス

よく見たら凹凸があった!と気付いて思わず手でなでてみたくなるエンボス加工。ななめから見たり、触ってみたり、表情が変わるのが面白いですね。エンボスも箔押しと似た工程で加工されます。金属製の版を押し付けて、さらにその反転した柄の版を反対側から押すことで凹凸を生み出します。これは紙の厚みに影響されやすく、ケースによって柔軟な対応が必要になってきます。このような立体のものは人の印象に残りやすく、デザインの主役としても充分存在感があるといえるでしょう。

細かいデザインでも表現可能

エンボスは箔押しのようにかすれたり、埋まってしまうことはあまりありません。このような細かい複雑なデザインでも表現できます。
ただし、紙が厚くなるほど表現が難しくなります。 ※画像はシールの消銀ホイル紙(70μ)の場合

 

小ロット・特殊加工・デザイン依頼も承っております

Page TOP