箔押し

こだわり加工・印刷

箔押し

箔押しを使うデザインは基本的にシンプルなものが多く、言うなれば箔押しによって完成する、命を吹き込むという感覚です。それひとつで人をひきつける魅力がたっぷりの加工です。

箔押し加工事例

  • 【金箔押し】
    名刺(マットコート180kg)

  • 【銀箔押し】
    パッケージ(プレス加工後に)

  • 【透明箔押し】
    ポストカード(ファインムース217kg)

  • 【レインボー箔押し】
    カード(OKACカード黒265kg)

  • 【金箔押し】
    シール(ミラーコート)

  • 【銀箔押し】
    シール(消銀ホイル)

箔押しのしくみ

  • 箔版

    箔版

  • 箔

箔押しは金属製の版を熱して、箔のシートの上から押し付けて転写するという加工です。

箔押しの種類一覧

※画像のため、実際のものとは色・艶が多少異なります。正確なサンプルは実物をご確認ください。

入稿データの作り方

新規レイヤーを作成し、箔(またはエンボス)を押す位置に黒1色(K100%)でデータを作成してください。
(※箔のレイヤーを他のレイヤーと統合しないでください)

出力見本(プリントアウトしたものとPDFあるいはJPEGでの完成イメージファイル)と一緒に入稿して下さい。

※文字は全てアウトライン化してください。

細かい線や小さい文字を使うと潰れてしまうので注意して下さい。

こんなこともできる!【その1】エンボス加工+箔押し加工の合わせ技!

箔押し加工したところにエンボス加工をすることでさらにインパクトな仕上がりにすることができます。
もちろん箔押しではなく、「印刷+エンボス加工」でも可能です。

こんなこともできる!【その2】模様入り箔&箔の上に印刷

通常ベタ塗りのように箔一色で加工するケースが多いのですが、箔押し版自体に4パターンの模様を入れました。より生々しい鯖のようなギラギラ感を演出しています。 さらにこれは箔の上に印刷をしています。 通常箔押しは印刷後に上から加工することが多いのですが、専用の箔を使えば箔押しの上に印刷をすることが可能です。色箔やホログラムとは違い、グラデーションや複数の色で箔のギラギラ感を出せるので、とても面白い印刷物が仕上がります。(※デザイン・色合いによってはインキだまり・にじみが発生することがございます。)

箔押し加工の注意点

  • ・細かい文字や細い線などは再現できない場合があります。
  • ・機械の特性上、指定した加工の位置より若干ズレが生じる場合があります。
  • ・凹凸のある用紙への加工は箔ヌケが発生する場合があります。
  • ・箔押し加工の最大面積は210×297mmです。(シール印刷の場合は200×130mmまで)

箔押し加工の価格について

箔押し加工のお見積は各商品ページの「かんたん見積」のところで「箔押し加工」の項目で箔の種類を選んでご確認下さい。
表示される価格は目安の金額となっており、面積や形状によってお値段が変わる場合がございます。正式なお見積はデザインを拝見してから改めてご連絡いたします。 なお、箔押し加工が可能な商品は限られております。下記よりお選びください。

箔押し加工が可能な商品

シール印刷

ディスプレイ商品

  • タペストリー
  • ロールスクリーン
  • ポスターパネル
  • カッティングシート
  • シースルーフィルム

サカエマーク謹製 加工見本帳

エンボスや箔押し、活版やパチカなどの特殊加工を綴じた見本帳です。デザインをする上でイメージしやすくなりますのでぜひご活用ください。

加工見本帳を購入する

小ロット・特殊加工・デザイン依頼も承っております

Page TOP