印刷の基礎知識

オフセット印刷・オンデマンド印刷・凸版印刷

オフセット印刷

C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)・K(ブラック)の4色のインキの版が重なり合って印刷されることにより、フルカラーが再現されています。
そのため、写真や文字が繊細かつ綺麗に印刷できます。
大量部数の印刷に適した印刷方法です。

オンデマンド印刷

オフセット印刷とは違い、版を使用せずにデータをインクジェットプリンター等で出力する印刷方法です。
オンデマンド(on demand)=「要求があり次第」印刷するという意味です。
オフセット印刷のように版が必要でないため、少部数でも低コストで、必要な部数をスピーディに印刷することが可能です。

凸版印刷

主に樹脂版で作成される凹凸のある版を使用する印刷方式です。
ハンコの様に、直接用紙に圧力をかけてインキを転写して印刷をしていきます。
活字の版を使う「活版印刷」や紙ナプキンの印刷に用いる「フレキソ印刷」も凸版印刷の1種です。

特色印刷

特色印刷は指定した色で印刷をする方法です。
指定する色にはDICカラーやPANTONEカラーなどがあります。

CMYKカラーとRGBカラー

通常、大半のデジカメ画像やTV等はRGBでフルカラーを表現していますが、印刷物ではCMYKの4色でフルカラーを表現しています。
カラー印刷のデータを作る場合は、必ずCMYKモードでデータ作成を行ってください。
RGBモードのデータの場合は、自動的にCMYKモードに変換いたしますが、PCのモニター上の色合いと印刷後の色合いに差が出てしまい、仕上がりがくすんでしまいます。
これはRGBカラーとCMYKカラーとでは再現色域が異なるためで避けられないことです。
ご理解をお願いいたします。

RGBとCMYKでは色域が異なる

RGBとCMYKでは、再現できる色の領域(カラースペース)が異なります。
RGBカラーでは再現可能であっても、CMYKでは再現できない領域があります。
そのため、RGBカラーで作成されたデータを印刷すると、再現できない領域がCMYKで擬似色化され、全体的にくすんだ色味に仕上がります。
それを防ぐためにも、印刷用データはCMYKデータで作成していただきますようお願いいたします。

塗り足しと文字位置

塗り足しとは、仕上がりサイズよりも外側にはみ出る、立ち落とされる部分のことです。
フチなし印刷(仕上がりの紙端まで印刷したい場合)はこの塗りたしが必ず必要となります。
塗り足しは、仕上がりサイズよりも、天地左右それぞれ最低3mm以上大きくなるように作成してください。

なぜ必要?

印刷物は、実際の仕上がりより大きめの用紙に印刷し、仕上がりサイズに型抜き加工や断裁をして仕上げます。
その際、用紙を100枚以上重ねて加工するため、多少のズレが生じます。
もし、塗り足しがない状態でズレが生じると、紙端に印刷されていない白い部分が出てきてしまうため、綺麗に仕上げることができません。
それを防ぐためにも、背景色や背景画像は実際のサイズよりも大きく作成していただくことが必要です。

画像の解像度

画像がどれくらいの密度で構成されているのかを表す数字のことです。
この数字が高いほどより鮮明な画像であり、画像解像度が高いと言えるでしょう。
デジカメやスマートフォンで撮影した画像は、例えサイズが大きくても、解像度が低い場合があります。
印刷物に合った解像度に調整することをおすすめします。

元々低い解像度の画像を弊社で高い解像度に修正することはできませんので了承ください。
また、高すぎる解像度でも出力機械の性能が追いつかず、綺麗に印刷されません。

印刷物に適切な画像解像度は300~350dpiです。
(グレースケールの場合600dpi、モノクロの場合は1200dpi推奨)

フォントのアウトライン化

フォントが図形と認識されるようにする処理のことです。
データを、作成したパソコン以外のパソコンで開くと、インストールされているフォントがないなどの理由から、文字化けや文字位置のズレなどといった問題が発生します。
入稿データのフォントを「アウトラインを作成」をすることで、テキストが図形として認識され、別の環境のパソコンでも正しくフォントが表示されます。

なぜ必要?

アウトライン化していない状態で入稿されますと、お客様の意図しないフォントに置き換わって印刷されてしまいます。

一度アウトライン化してしまうと文字の打ち直しやフォントの種類を変更するなどの修正ができなくなりますので、アウトライン前のデータとアウトライン後のデータを分けて保存されることをオススメします。

入稿するデータは必ずアウトライン後のデータを!

紙について

規格サイズ一覧

紙仕上がりサイズ(単位:mm)

  • A3

    297×420

  • A4

    210×297

  • A5

    148×210

  • A6

    105×148

  • B4

    257×364

  • B5

    182×257

  • B6

    128×182

印刷イメージ

用紙の種類-基本紙-

コート紙 両面にコート剤を薄く塗布しています。印刷時光沢があり彩度が高くカラーの再現性に優れています。
用紙の厚み [135kg]約0.12mm
アストルT 両面に顔料を塗布した厚手の用紙です。表面に光沢があり、タグやDMやポストカードに最適です。
厚みの目安としては、官製はがきが180kgの用紙を使用しております。
用紙の厚み [180kg]約0.21mm / [225kg]約0.28mm / [265kg]約0.33mm / [310kg]約0.40mm / [360kg]約0.44mm / [400kg]約0.50mm / [2枚合紙]約1.00mm
TOマットN コート紙の光沢を抑えたマット調の紙です。独特の質感でしっとりと高級感のある落ち着いたイメージに仕上がります。
用紙の厚み [180kg]約0.21mm / [220kg]約0.26mm / [260kg]約0.31mm
上質紙 一般的に使用されている庶民的な用紙です。コピー用紙とほぼ同等の風合いであるとお考え下さい。
光沢はなくマット系に近い中性抄紙です。
用紙の厚み [180kg]約0.24mm

お客様のご要望に合わせて、上記以外の特殊紙も取り扱っております。
価格は別途お見積もりとなります。

ご不明点やご質問などお気軽にお問合せください!

お気軽にご相談ください!担当:山本、増田

電話受付 平日9時から17時半

  • メールでのご相談
  • サンプル請求
  • かんたん見積

Page TOP