2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近のコメント

Archive for 11月, 2013

制作事例/協和ファインテック株式会社様その2

みなさんこんにちは!

販促の山本です!

以前にも紹介しましたが協和ファインテック株式会社様より新しいパンフレットのお仕事を頂きました

写真 3

ありがとうございます!

そして今回はさらにこの装置に貼るカッティングシート、ステッカーもご注文いただき、只今大至急で製作中です

写真 2

写真 1

 

なお、今回担当者様からこの機械について日刊工業新聞に掲載された記事をいただきましたので貼らせていただきます。

 

新聞

恥ずかしい話、自分にはちょっとハイレベルすぎてこの機械の事をイマイチ理解できてませんがお客様からこういう報告をいただくのはとても嬉しいことです!

どこかで何かの役に立てているという実感が湧きますね。

お客様からの事例をこれからもどんどん増やしていきたいです

それではみなさん、良い週末を〜

明日はタイヤ交換…

広告とは

みなさんこんにちは!

販促の山本です

天気予報にマークがチラつきはじめましたね…

タイヤ交換に悩むところです

 

さて、昨日はMarket Supportのセミナーがあったので行って来ました。

セミナーといっても講師のサービス紹介的な内容だったので正直期待はずれというか、思っていたものとは違っていて残念だったのですが、ターゲティング広告のカラクリやこれはすごいなという仕組みも聞けてある意味勉強にはなりました。

弊社ではいまリスティング広告をしていますが、これからはターゲティング広告の方もしていく予定です。

ちなみにターゲティング広告とは一度見たサイト(商品)の広告が、その後あらゆるサイトの広告欄にしつこく表示されるストーカー的なあれです(笑

今はまだタグを埋めこんだばかりなのですぐには出てきませんがこれから徐々にあなたを追いかけはじめます。覚悟しておいてください。(ってまだ表示する広告もできてませんが

ターゲティング広告の他に、月々のメールマガジン的なものも考えています。あまりガツガツした広告っぽいものではなく、簡単なあいさつ文的なものでもいいので、サカエマークの存在を忘れない程度に配信していきたいと思います。

「あ、印刷といえば 『サカエマーク』ってのがあったな…」

と連想してもらえればもう大成功です。

頭の片隅に記憶してもらえればそれが何よりの「広告」ですから。

今日はいい事言った。

 

604037_578323748923312_729969366_n

パチカ/工程その3

みなさんこんにちは!

販促の山本です

さて、今日はいよいよ最終工程の型抜きです。

外枠と中のジグソーパズルのピースの形で抜きます。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、昨日と同じ機械でしています。

今度は金属板ではなく、木型と呼ばれる刃のついた型をセットしています。

(木型についてはコチラを参照してください。)

型抜きの場合も1枚1枚抜いていくんです。(一気に抜けるわけじゃないんですよ

この作業も抜きズレというものが生じるため、慎重&正確に抜いていきます。

 

…と、こんな感じでパチカしおりの完成です

今回は3工程すべて動画で紹介してみましたがいかがでしたか?

え?画像が粗い上に撮り方がヘタ!?

まぁ、そこら辺は素人なのでご愛嬌で。

でも動画での解説は文章や写真よりも分かりやすいですよね

これからも色々と取り入れていきたいと思います。

「この印刷・加工はどうやってやってるの?」

「機械が動いているところを見てみたい!」

というご要望があればまた動画で説明したいと思います。(多少お時間はいただきますが笑)

それではまた次回に乞うご期待!

 

 

パチカ/工程その2

みなさんこんにちは。

販促の山本でっす!

さて、今日はいよいよパチカに加熱押しです。

ではじっくりご覧下さい。

1枚1枚、紙を給紙し、セットされた金属板の版に押し当てます。

金属板は熱をかけているので非常に熱くなっています。

昨日も書きましたが面積が大きいほど熱を均等にかけるのが難しいので、右側と左側で透明度が違わないよう、職人の腕が試されるところです

今回のこのパチカしおりはサイズも小さく、デザインも細い線だけの集まりなので、さほど難しいものではありませんでした。(たぶんですが

大きいサイズや細かいデザインのものなどは事前にご相談ください。

さて、いよいよ明日は最終工程の型抜きです!

 

パチカ/工程その1

みなさんこんにちは!

販促の山本です

最近なぜかパチカの問い合わせが増えてきました。

年賀状で検討しているのかもしれませんね。

というわけで今日はパチカを紹介します。

4ad2896f9dd2371e637bfdd13513dd79_l

パチカは熱をかけることによってその部分が半透明化し、さらにエンボスをかけたように凹むとても面白い材質です。

注意点としては加熱の条件が非常にシビアなのでロットによっては多少の個体差がでる場合があります。

また、加熱の面積が広いと用紙が波うったり、反ってしまう場合があります。

ワンポイント的な扱いが一番効果があるかもしれませんね。

写真

では今日はオリジナル商品「パチカしおり」がどうやって作られていったのか、動画で紹介したいと思います。

 


画像が粗くてスイマセン

印刷も風合いをだすためにプラテン(活版印刷)でしてみました。

いい感じですね♪

次回はいよいよパチカに加熱します!(ひっぱるなって?)

年賀状の季節です。

みなさんこんにちは!

販促の山本です。

11月も下旬に入り、そろそろ年賀状を準備し始める方も多いのではないでしょうか?

最近ちょっと変わった年賀状を作りたいというお問い合わせも増えてきました。

弊社では「特殊な年賀状」を作るのがウリで、変形に型抜きしたものや特殊加工を施した年賀状などが得意です。

afc75423796d502694ae1219ee421078_l

8b4e2b4c645bb46f2acc769cb5f95084

これはどういう加工かわかりますか?

透明のシールを貼ってあるわけでもなく、部分ニスを引いているわけでもありません。

実は透明の箔をしているんです。

写真ではちょっと分かりにくいですが、光にかざすとさりげなくヘビが浮き出るのがおもしろいですね。

写真

こちらは型抜きの年賀状です。

アストルTの40kgを2枚貼り合わせてあるので1mmぐらいの厚さになります。

コーポレートキャラクターの形に抜けばぱっと見ただけですぐにどこの年賀状か分かりますね。

こんな感じで普通じゃない、ひと味違った年賀状作ってみませんか?

お気軽にお問い合わせ下さい♪

 

タグに使用する紙とは

みなさんこんにちは!

販促の山本です

いよいよ冬の到来ってとこでしょうか…

北陸人には避けて通れない運命。

あちこちで噂されていますが大雪でないことを祈ります…(-人-)

 

さて、今日はタグ(下げ札)について。

1ac7bfc26bb195fdbda68e51461dc615

タグのお見積り・問い合わせで一番多いのが「よく使われている一般的な紙はなんですか?」という質問。

ずばり、1枚モノの場合はアストルTの22.5kg。

二つ折り(上の写真)の場合はアストルTの18kgがよく使われています。

アストルTという紙は高級白板紙と呼ばれ、艶のある白い紙です。(高級と言ってもそんなに高価なわけではありません)

両面コーティングされているのでフルカラー印刷にも適しています。

ちなみに紙の厚さは22.5kgが約0.26mm、18kgが約0.22mmです。

ホントに微妙な差ですが手に取ってみると結構違うので気になるという方はお気軽にサンプル請求をどうぞ♪

あ、もちろんこれは「一般的な」というだけの話しなので他の紙でもまったく問題ありません。

もっともっと厚い紙を使うも良し、色のついた紙を使うも良し、です。

ちなみにタグを作る場合「型」が必要になりますが、弊社ではいろんなサイズのテンプレートを用意しています。

テンプレートを使えば型代がお得になります。ぜひご利用ください

オフセット坪川です。

いつも元気元気がトリエのオフセット坪川です!
入社して1年と7ヶ月になりました。
自分なりに仕事の流れをつかんでなんとかやっていけるようになりました
でもまだ色を作るのに時間がかかってしまいます。
例えば赤でも黒っぽかったり、青かったりするので微妙な調整が難しいです。
見本の色を早く作れるようになりたいです。
これからも元気いっぱい仕事に取り組んでいきます。
いつも元気元気がトリエのオフセット坪川でした!

坪川夏樹はこんな人。

ビズカフェに行ってきました。

制作の芳中です。

昨日「ビズカフェ Side.M #3」というセミナーに参加してきました。
「ビズカフェ」とは「ふくいを元気に」「楽しく真面目にビジネスを語る」という主旨のもと開催されているものです。ちなみにSide.Mはものづくりだそうです。

今回のテーマは「医療現場×デザイン」。講師は(株)メディディアの山本社長様でした。
セミナーの中で印象深かった話は

“おかげさまで”

という言葉です。
商品1つにしても自分1人で作っているわけではなく、携わっている人達がいる。
そういう人達にも感謝の気持ちを持つということでした。
自分達もお客様から仕事を頂いてそれを形にする間にいろいろな道具、物、素材を
使います。それらを作ってくれた人もいるわけで、そういう人達に感謝しつつ、
次のお客様へ自分達の製品を届け使って頂く。何事も感謝です。
デザイン=生みの苦しみという言葉もありますが、
苦しければ苦しいほど達成感もあるというお話でした。

平日の夜に約3時間というセミナーでしたが、あっという間に時間が過ぎ、とても有意義な時間でした。
また機会があれば参加したいと思いました。

真面目に書き過ぎて疲れたので、このへんで。

写真

スタンドPOP

みなさんこんにちは!

販促の山本です

今日はスタンドPOPを紹介します。

10b4f09514f0c6dd182e3f82e1f9a62b

7ddca516a441f67958adc89fbe4a5b5a

このブログの賢明な読者の方はみなまで言うなという感じですね。

スタンドPOPはレジや商品棚などでよく見かける、とてもメジャーなPOPです。

面積が広いので情報量を多く載せることができ、誰もが目につきやすいという特長があります。その商品の説明やPRポイント、価格などを載せておけば立派な営業ツールになります。置いておくだけで自然と目に飛び込んでくるので新商品の発表や売りたい商品のアピールにとても有効です

仕様はアストルT40kgを2枚貼り合わせ、さらに両面PP加工をします(紙の厚さは約1mm)。後ろには折りたたみ式の紙脚がつきますので、使わないときにはたたんでスリムになります。仕上げは断裁仕上げ(直角仕上げ)か、角丸や変形での型抜きも可能です。

弊社の制作事例では株式会社アミパリ様がこれに香り印刷をするという変わったPOPを作られました。

e1d63a7a86da2bf46b9e1f7689f24fbb_l

工夫次第でおもしろい販促商品ができますね。

これから新商品を売りたい!という時にはスタンドPOPがおすすめです。

お気軽にお問い合わせ下さい

リンク