制作事例

シール

和柄エンボスシール

よく見たら凹凸があった!と気付いて思わず手でさわってみたくなるエンボス加工。
斜めから見たり、触ってみたり、表情が変わるのが面白いですね。
エンボスは箔押しと似た工程で加工されます。
金属製の版を押し付けて、さらにその反転した柄の版を反対側から押すことで、紙に凹凸を生み出します。
そのため紙の厚みに影響されやすく、ケースによっては柔軟な対応が必要になってきます。
時には繊細に、時には強いインパクトを与えたりと多様な使い方ができるエンボス加工。
このような立体のものは人の印象に残りやすく、デザインの主役としても十分存在感があるので、印刷や、箔押しなどと組み合わせて是非活用してみて下さい。

データ作成のポイントとしては、

・線の太さは最低0.4pt

・デザインの最小サイズは0.3mm以上

であればエンボス加工で凹凸が出せるようです。
(材質や素材の厚みにより数値が変化する可能性が十分にありえますので、実績のない素材で作成する場合は校正刷をすることをお勧めいたします。)

製品の仕様

サイズ
148mm x 100mm
紙質/素材
紙素材:ホイル紙(消銀)
印刷
凸版印刷
仕上げ
1枚カット仕上げ
形状
四角
色数
2
強粘着
加工
エンボス加工

その他のシールの制作事例を見る

吉村甘露堂

おかきの小袋に貼るシール-胡麻千枚-

more

六感デザイン

どら焼きの袋に貼るシール

more

静岡県 サトウ椿株式会社様

食用油表示シール 

more

六感デザイン

生サブレの袋に貼るシール

more

Page TOP