ここがサカエマーク

商品紹介/エンボス加工

2017.05.08

CATEGORY:ここがサカエマーク

enbos_topよく見たら凹凸があった!と気付いて思わず手でさわってみたくなるエンボス加工。斜めから見たり、触ってみたり、表情が変わるのが面白いですね。エンボスは箔押しと似た工程で加工されます。金属製の版を押し付けて、さらにその反転した柄の版を反対側から押すことで、紙に凹凸を生み出します。そのため紙の厚みに影響されやすく、ケースによっては柔軟な対応が必要になってきます。時には繊細に、時には強いインパクトを与えたりと多様な使い方ができるエンボス加工。このような立体のものは人の印象に残りやすく、デザインの主役としても十分存在感があるので、印刷や、箔押しなどと組み合わせて是非活用してみて下さい。
 
みなさんこんにちは、制作の増田です
本日ご紹介する商品は”エンボス加工”です!
紙に凹凸を生み出し時には繊細に、時には強いインパクトを与えるエンボス加工。
「エンボスシールってなんだかオシャレだし高級感が出ていいわよね〜
うちのお店のロゴをエンボスのシールにできないかしら?」
と考える方も結構いらっしゃるのでは…?
 
「でも、エンボス加工ってぶっちゃけどこまで細かいデザインを表現できるの?」
 
そんな素朴な疑問を解決すべく、試してみました!
 

   
 
butterfly
こちらが弊社が配布していたエンボスサンプル。
少し見えずらいですが、蝶々の触角部分がところがまぁまぁ細いかな?というところで、
「これぐらいのデザインなら凹凸が出ますよ〜」と今まではお知らせしておりました……
しかし、今回はこれをはるかに上回る細かさに挑戦するのです……
 
 
 
そして!今回挑戦した図柄がこちら!
 
emboss_date
 
私、これでもかという程に細かいデザインを考えてみました。
本当にこのデザインでもエンボスの凹凸が出るのか…?
弊社で箔用のマグネシウム版やエンボス加工専用の版の作成をお願いしているサカエ彫巧社様に相談をしながらいざ作成へ……
 
 
 

\ そして完成 /

ikyatti

(今回はおまけで2色の特色印刷も行いました)

 
 
どうでしょうこの見事なエンボス!
tousya
これだけ細かいデザインでも見事に凹凸を表現できました!
 
注目はこちら!
kikyou
こちらの桔梗?の花などなんと大きさ1mmですがきちんとエンボスとして浮き出ています!
 
データ作成のポイントとしては、
・線の太さは最低0.4pt
・デザインの最小サイズは0.3mm以上
であればエンボス加工で凹凸が出せるようです。
(材質や素材の厚みにより数値が変化する可能性が十分にありえますので、実績のない素材で作成する場合は校正刷をすることをお勧めいたします。)
 
今回使用した素材は艶消ホイル紙・艶有ホイル紙(金銀2種類)です。
kesigintuyaginkesikinntuyakin
薄い素材やデザインによっては圧をかけた際に破れてしまい、製品として完成しないこともありうるので、ご注文される際はまずはお気軽にお問い合わせください!
 
 
こちらのサンプルをご希望の方はぺたんこ倶楽部の無料サンプル請求からお気軽にお問い合わせください
 
それではまた!

Page TOP