2013年2月
« 12月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
最近のコメント

Archive for 2月, 2013

下札について その2

みなさんこんにちは~。
ハンソクマンヤマモトです。

昨日はココスで誕生日を祝ってもらいました~
店内にハッピーバースデーの音楽が流れ、タンバリンを持たされ、店員さんと一緒にバースデーソング
いや~恥ずかしかった(笑)
( ゚д゚)ポカーン顔の子どもの顔が忘れられません。
あ、誕生日と言えば我が社の業務管理マネージャー、原さんのお子様も今日生まれたそうですおめでとうございます

さて、今日は昨日に引き続き下札・タグのお話。
下札ができてもコレがないと商品に取り付けできません。
そう、「紐」です。
これを忘れてはいけません。

弊社サイトの自動見積りでも「紐通し」の欄にチェックを入れていただければ
それを含めたお値段を提示できます。
himo
ちなみに「紐通し」と表示してますが、「ゴム通し」でも可能です。
通常は銀ゴム、金ゴム、黒ゴム、黒紐、白紐からお選びください。

DSCF5811

じゃあ他にひもの種類はないの?
あります!たっぷりあります。

DSCF5812

こーんなにあります
ただしひもの種類によってはお値段が変わりますので、どのような紐が希望か、どのぐらいの長さが必要か、その都度お問い合わせ下さい。

私たちが購入する衣類やバッグ、眼鏡など、タグは色んなところに使われています
一度、ポイッ!する前にじっくりと眺めてみてください。
きっとこれどうやって作ってるの?と思わせるようなタグがいっぱいありますよ!
それではまた明日っ!

下札・POP・特殊印刷専門 株式会社サカエマーク
http://www.sakaemark.co.jp

シール専門店 ぺたんこ倶楽部
http://petanko-club.com

下札について

こんにちは!
販促マンヤマモトです!
2月27日!今日は子どもの5歳の誕生日なので
夜は高級レストラン(ココス)に行ってきます(笑)

さて、今日は下札・タグについて。
SEO効果もあってか、最近下札を作りたいというお問い合わせをよく頂きます!
ありがとうございます感謝感謝ですm(__)m
HPの下札のページをご覧になっていただければだいたいお分かり頂けますが、
弊社では眼鏡・サングラスや洋服についている下札の製作を主にやっております。
特に地元がめがねの街鯖江だけあって眼鏡関係の下札はたくさん発注を頂いております。
なので下札を作りたいと思い立ったら是非サカエマークにご相談ください
HP上でオンライン自動見積もりも可能です。
問い合わせなしですぐにお値段が出せるのは当社の強みです!

さて、今日は下札に関する問い合わせで一番多かったものをご紹介します。
それは紙の厚さ。
「タグを作りたいがどれぐらいの厚さを選んで良いかわからない!」
確かに○○kgと言われてもどれぐらいの厚さかわかりませんよね。
ごもっともです。
なぜ紙の厚さを「kg」で表示するのかはまた別の機会にお話しするとして、
てっとり早く下札の厚みの目安を回答しましょう。
一般的な表示下札の場合、
・1枚モノならアストルTの22.5kg(紙厚0.26約mm)、
・二ツ折りの場合なら18kg(紙厚約0.23mm)
がメジャーです。
アパレル関係の場合は多種多様ですが、意外に凝ったものが多く紙の種類も厚みもみんなバラバラ。
なのでどの厚みが正解というのはありません。
ただし、薄いと安っぽく感じるので厚めに作る場合が多いと思います。
ちなみにアストルTで一番厚い紙は40kgで、約0.5mmあります。
もっと厚くしたい!となるとこの紙を2枚貼り合わせて1mmの厚さにすることも可能です
紙厚1mm+マットPP+銀箔押しという下札が過去にありましたが、なかなかの高級感でした。
ちなみに自動見積もりでは一般的な紙しか選択できないので、
ちょっと変わった紙を使いたい!という方はお問い合わせフォーム
より見積もり依頼をしていただければすぐにお調べしてお値段出します!

他にも色~んな下札のサンプルがありますが、お客様の都合上、
HP には公開できないものもあるので、こんな感じのサンプルが見たい!
というご要望や、アストルTの実際の紙を触ってみたい!
というご要望が有ればサンプル請求よりお気軽にお問い合わせくださいませ

91aca9fb14db092c99dea879cde63882

下札・POP・特殊印刷専門 株式会社サカエマーク
http://www.sakaemark.co.jp

シール専門店 ぺたんこ倶楽部
http://petanko-club.com

ルーペ用パッケージ

みなさんこんにちは。
販促マン山本です
昨日降った雪もすっかり解け、今日は少しだけ気温もあがりました
春が待ち遠しいものです

さて、今日は先日ビッグサイトで行われた「東京インターナショナルギフトショー」について。
年に2回開催されるこのギフトショーの出品アイテムの幅広さはなんと日本一!流通バイヤーにはかかせないビッグなイベントなのです。

このショーに鯖江の技術をさまざまな方向で活かしていこうというユニット「鯖江ギフト組」というブースがあったのですが、そこに出品した商品のパッケージ作りをお手伝いさせていただきました。
その商品がこちら。

03_px40004_px240
にゃんグラスとわんグラス
かわいいネーミングもさることながら、遊び心のあるおもしろいルーペですね。
このパッケージを作る条件として、そのままディスプレイとして使えること。
そして換えのレンズも4種類収納できること。
制作メンバーは頭を悩ませました…
パッケージは何度か製作しましたが、ディスプレイも兼ね備えたものとは…?

連日連夜、寝食を忘れ(ウソです)試行錯誤を重ねて出来上がったのがこのパッケージなのです。

DSCF5809

パッケージ正面の窓のミシン目をそれぞれ切り取って起こすことによりルーペをディスプレイすることができます。
なぁーんだそんな単純なものかぁなんて思われるかもしれませんが、デザイン、窓の大きさ、ルーペ差し込み口の絶妙なサイズ…すべてにおいて苦労しましたあと時間もなかったw(制作者談)

ある程度サイズ・形・デザインが決まっていればそれなりに作ることができますが、ゼロの状態から作り上げるというのはとても難しいものです。しかしその分、出来上がった時の喜びも大きいですけどね

今後もいろんな事にチャレンジしていきまっす!ガンバレ、箱職人!

thumb_180_05_px180

下札・POP・特殊印刷専門 株式会社サカエマーク
http://www.sakaemark.co.jp

シール専門店 ぺたんこ倶楽部
http://petanko-club.com

ケースも商品の一部

事務の竹内です。
まだまだ雪がちらついて寒い日が続いています
春よこい

最近はメガネをケースに入れて販売することが多くなってきています。
透明のプラスチックケースや紙製のケースなど形もさまざまです。
窓あきや紙の素材など、お客様の想いを形にしていきます。

パッケージは商品を販売するにあたって、とても重要な物で商品の一部になっています。
店頭に並んだ時も、かなりの注目度UP
つい、このケースにはどんなメガネが入るのかなと想像してしまいます。

また、メガネ以外でも企画の達人がおりますので、どんどんお問い合わせください。

自己吸着型フィルム

こんにちは。販促の山本でっす
2月も下旬だと言うのにまだまだ雪がちらつきますね
やっぱり北陸なんだな~って思います。

さて、週末はいかがおすごしでしたか?
我が家では先日買った(買わされた?)ばかりのwii
Uで子どもに散々つき合わされ、少々疲れ気味です
ゲームとはいえやりすぎは体に毒です…ほどほどにしないと

しかし今のゲーム機ってのはすごいですね~性能といい、グラフィックといい…
自分が小さい頃夢中になってたファミコンとは雲泥の差(笑)
イマドキの子どもたちは贅沢すぎやしませんか?
そして次は何をねだられるのでしょう…?DS?スマホ?ipad!?

ところでこういうハイテク機器はあって当たり前の時代になってしまいましたが、
これらが売れると同時に需要が伸びているモノあります。
なんだかわかりますか?

たいていの人は必ず一緒に買ってしまうアイテム「液晶保護フィルム」です

液晶保護フィルムは自己吸着型のフィルムで、糊ナシでカンタンに貼れちゃうスグレモノ…。
いや、カンタンではないですね
結構ホコリが入ったりして何回も貼り直して最後にはポイ!なんて方も…(笑)
しかし捨ててはいけません!
このフィルムはシリコンフィルムというシリコン自体が持つ粘着力を利用してくっついています。シリコンフィルムが汚れてくると粘着力は落ちますが水で洗うとまた粘着力も蘇るのです!
ではなぜ水で洗うと粘着力が戻るのでしょう??
シリコンは、水等に濡れると本来持つ粘着力を発揮出来なくなるという性質があります。ですが、乾くと本来持つ粘着力を再び発揮出来る様になるのです!おもしろいですね~
ここで注意したいのは濡れた状態の時にティッシュなどで拭いてしまうとまた細かいホコリがついてしまうこと。
拭かずに水をきって、そのまま貼り付けてしまいましょう。
そして空気と一緒に水気も押し出してしまえば良いのです

弊社のぺたんこ倶楽部でも液晶保護フィルムを取り扱っています。
もちろん印刷だってできちゃうんですよ~!
自分だけのオリジナルの液晶保護フィルムを作ってみるのも良いですね
ぜひお問い合わせくださ~い!

下札・POP・特殊印刷専門 株式会社サカエマーク
http://www.sakaemark.co.jp

シール専門店
ぺたんこ倶楽部
http://petanko-club.com

新学期に向けておなまえシールの準備を!

こんにちは。
販促の山本です。
弊社では毎年この時期になるとお名前シールのご注文をたくさん頂きます
入園・入学・新学期を控えたこの時期にみなさん一斉に準備されるみたいですね

ぺたんこ倶楽部ではシンプル系からかわいい系のものまで豊富に取り揃えております
ラミネート加工付きで3枚¥1,480ととってもお得になってます。
さらにシールだけじゃなくおなまえアイロンプリントもございます!
カット済みだから貼り付けもアイロンでカンタン仕上げ♪
是非ご利用ください。

また、今年からAmazonの方でもおはじきやえんぴつに貼れるシンプルなお名前シールの販売を開始しました。
こちらものぞいてみてくださいね

では皆さん、良い週末を~♪

「かわいい紙もの手帖」に掲載されました!

こんにちは!
今日もバタバタと慌ただしい?販促の山本です

さて、タイトルの通り「かわいい紙もの手帖」という本になんと我がサカエマークが掲載されました
まぁ掲載と言っても「紙と出会えるショップ&おすすめの印刷会社」という巻末付録のページの一覧なんですがね 
でも「おすすめの印刷会社」ってとこが重要です(笑)

DSCF5801

ちなみにこの本を少し紹介をしますと…
DMやフライヤー、名刺など、人とは違うちょっと凝った紙を使用したいな~なんて時に、つるつるの紙、ざらざらの紙、色紙…などなどいろんな紙を紹介してくれる本です。事例として実際に印刷されたものがいっぱい載せてあるので参考になること間違いナシです。ちなみに弊社のお客様の作品も載ってました
他にも印刷の知識や特殊印刷など勉強になることが載ってますので、企画・デザイナーさんだけでなく、自分でこんなもの作りたい!と思っている方はぜひご参考くださ~い

DSCF5802

全抜き仕上げとハーフカット仕上げ

みなさんこんにちは。
販促の山本です。
まだまだ雪がちらついて寒い日が続きますが
みなさん体調には十分気を付けてください

さて、今日は「ぺたんこ倶楽部」でお客様によく質問される、全抜き仕上げとハーフカット仕上げについて。

この違いは電話で説明すると伝わりにくい時があってたまに苦労するのですが
ここはズバリ写真で見てもらいましょう。

まずは全抜き仕上げ。
2013022017320000

続いてハーフカット仕上げ。
2013022017260000

…おわかりいただけましたか?
ポイントは剥離紙(シールの台紙)です。
シールの形ごと抜いてしまうのが全抜き仕上げ、シールより大きいサイズの剥離紙がついたものをハーフカット仕上げと言います。
一般的に全抜き仕上げは販売向け、ハーフカット仕上げはそのままの形ではあまり販売しない業者向けという感じになります
ここで大きく変わってくるのが型代のお値段です。形状にもよりますが全抜き仕上げの型代の方がハーフカットに比べて約3倍になります。(なんでそんなに!?とは聞かないでください…)

さらに全抜き仕上げはシールと台紙が同じ形のため、剥がしにくいという欠点があります。それを解決するのがスリット加工。通常は剥離紙のセンターに1本切れ目が入っていますが、それがあることによりカンタンにシールを剥がすことができます。(スリット加工も別途費用です…スミマセン。)ただし剥離紙にも印刷をすることがあるのでスリットの有無はケースバイケースですね。

と、全抜き仕上げの方が何かと費用がかさんでしまいますが、その分見た目はカッコイイですよね
シールをそのまま販売されるというのであれば、ぜひ全抜き仕上げでご注文ください!

大気汚染と空気清浄機

こんにちは。印刷の上田です。
最近、ニュースで花粉症の話題をよく耳にしますが…それと同時に中国の大気汚染の話題も耳にします。ニュースでの映像を見ていると、深刻な大気汚染だなと感じています。

大気汚染つながりですが、最近工場に大きな空気清浄機が設置されました。そもそも、空気清浄機が設置されることになった背景には、少し前のニュースで印刷会社社員の胆管癌発症の話題があがりました。このニュースは、日頃思いもしなかった話題で、会社の中でも一時話題になりました。そこで、当社でも何か対策を講じることになり、空気清浄機の設置をすることになりました。
一言に空気清浄機と言ってもとても大きな空気清浄機で、私もその大きさに驚きました。印刷会社といえば溶剤関係をたくさん取り扱っており、それら溶剤を換気するのにはこれほどの大きな換気扇が必要なのだと改めて感じました。
この空気清浄機が設置されて、工場の中の空気が澄んでいるように感じている日々です。この澄んだ空気の中で、コレまで以上に真心を込めて任された仕事をこなしていきたいです。
DSC_0139

やっぱり人…

事務所にいる山田です。
最近パソコンや携帯の進化が著しい世の中ですが、
直接納品したお客様から納期やデザインなどお褒めのお言葉をいただいたり、
顔もわからないお客様から初めてネットでのご注文をいただいたのがきっかけで
長~いお付き合いをさせていただくと、やっぱり人と人とのコミュニケーションが
大事なのかなぁ~と…
これからも人とのつながりを大切にしながら仕事が出来たいいですね。

リンク